ページTOPへ

夏のシンプルコーデに映える!キャス キッドソンでオシャレ上級者に

夏本番ともなれば、とにかく「涼しい服装がいい!」と、ついついシンプルなコーディネートを選び、気づけば「いつも同じような着こなし」になっていることはありませんか?

そこで活用したいのが、キャス キッドソンの柄プリントとレザーアイテム。シンプルながらも、大人の可愛さと上品さを兼ね備えたコーディネートがオシャレ上級者への第一歩。

今回は、キャス キッドソンのアイテムを用いた「オシャレなシンプルコーディネート」についてご紹介します。

1.柄物ファッションには、シンプルレザーを

シンプルレザー

「シンプルコーディネート」とは、色や柄を全く使わないことではなく、無地と柄をうまく組み合わせて、スッキリ見せるコーディネートでもあります。

夏はトップスやワンピースにカラフルなプリント柄を使ったデザインが多いですよね。そこで上手に取り入れたいのが、高級感あふれるレザーバッグです。

コットンキャンブリック スリーブレス シャツドレス ミニワイルドストロベリー

バートン レザー バックパック ソリッド

  • シャツドレスと同系色の水色で統一感があるバックパック。夏でも小物でレザーを取り入れることで、コーディネート全体が引き締まります。大人のエレガントさを演出しつつ、裏地のロマンティックなフラワープリントが、乙女心をくすぐります。

スリーブレス ドレス ドゥルウィッチローズ

  • クラシカルな大ぶりのフラワープリントは、大人の女性にピッタリ。白地にサイズの異なるブルーとピンクの花々が色鮮やかです。1枚で、爽やかな夏を演出できるレディなアイテムは、ちょっとしたパーティーでも活躍しそうです。

モルトビー レザー クロスボディ ソリッド

  • 華やかなワンピースにピッタリなのが、オフホワイトの形が可愛らしいこちらのショルダーバッグ。つやを抑えたマット感が、高級感を演出しています。パーティーやホテルのディナーシーンでも、違和感なくマッチします。裏地にプリントされた淡いトーンの水色とピンクの花柄が、さりげなくオシャレ度をアップ。

2.シンプルコーデに1点で映える「柄入りシューズ」

柄入りシューズ

全体をシンプルにまとめて、足元に注目させるのも、シンプルコーディネート上級者です。
人は目線を上から下に移すので、上半身がシンプルでも靴をちょっと派手にするだけで「オシャレな着こなし」に見えること間違いなし。

夏は、白やベージュの薄手のワンピースや、デニムスタイルと個性派シューズを組み合わせるのがおすすめ。自分のセンスに自信がない…という方ほど、靴で遊んでみましょう。

クラシック エスパドリーユ ミニオーシャンフィッシュ

クラシック エスパドリーユ グリッター付 ミニペインテッドデイジー

スリム プリムソール ラッキーバンチ

  • 濃い目のブルーとグリーンがベースの花柄スニーカー。落ち着いたカラーとレトロ感のある花柄プリントが「大人可愛い」を演出。上品さを感じるレースアップタイプなので、パンツ・スカート共に合わせやすいのが特長です。

3.シンプルファッションに映える「プリントバッグ」を活用

プリントバッグ

個性派シューズと同様、コーディネートのアクセントになるのがプリント柄のバッグです。

プリント柄のバッグを上手に持つコツは、コーディネートと同系色を選ぶ、あるいは、靴やトップスなどの色を揃えることです。例えば、トップスもボトムスも白でまとめたい場合、靴とバッグを同系色にするとスッキリ見えるでしょう。

ペントル トート スプリングバード

  • 木々にとまるカラフルな小鳥たちがとってもキュートなトートバッグ。ネイビーをベースに色鮮やかなプリントが、シンプルなコーディネートのアクセントにピッタリ。ネイビー系のトップスやパンツと合わせると統一感が出ます。2WAY仕様なので、ショルダーバッグとしても使える優れもの。(※柄の出方は一点一点若干異なります。)

スモール ドローストリングトート ボタンスポット

  • パッと明るい水色に、白いドットが大人可愛いトートバッグ。ナチュラルなコットン素材を使用し、トップには巾着蓋を備えているので、大切な持ち物をしっかり守ります。水色のトップス、デニム生地のボトムスなどと合わせると、より一層夏らしさを演出できるでしょう。

ビーチトート ドリームフォレスト

  • カラフルな草木、花、動物が描かれたドリームフォレストプリントのトートバッグ。シャツワンピース、リゾートワンピース、デニムスタイルなど、どんな色合いのコーディネートにもマッチする上品なデザイン。赤ちゃんのタオル、着替え、おむつなどを持ち運ぶマザーズバッグとしても使えるたっぷりサイズです。旅行やお買い物でも、重宝すること間違いなし。

暑い日でもオシャレに決めるコツは、個性派アイテムを1点だけ取り入れること。
重ね着のような「足し算」ではなく、「引き算」を意識してみましょう。

キャス キッドソンのアイテムを上手に取り入れて「シンプルだけどオシャレ」な、サマーコーディネートを楽しんでみてくださいね。

夏の通勤スタイル

ARCHIVE