ページTOPへ

イギリス料理に挑戦するなら、キャス キッドソンのキッチングッズがマスト!

日本ではガスコンロやIH調理機器を使って料理するのが一般的ですが、キャス キッドソン発祥の地、イギリスではオーブン料理が主流です。食に対するこだわりが少ないと思われがちなイギリスですが、実は伝統的でおいしい家庭料理がたくさんあります。

日本ではあまり馴染みがないイギリス料理をマスターすれば、毎日の献立に広がりが生まれること間違いなし。レパートリーを増やすためにも、家庭で作れるイギリスの伝統料理についてCheckしてみましょう。

イギリスの家庭料理とオーブンの関係

オーブンキッチン

イギリスの生活では日本に比べてほとんど外食をすることがなく、基本的には家で料理をして家族で食事をするのが主流です。とはいえ、イギリスではガスコンロなどの直火で料理をすることはあまりありません。夕食のメインディッシュとなるパイや、ティータイムのお供になるスコーンなどを焼くのにオーブンがよく使われます。

そもそもイギリスのアパートにはあらかじめオーブンが備え付けられていることが多く、そのサイズは食洗器と同じくらいのビッグサイズというからびっくり。日本ではあまり馴染みのないオーブンですが、イギリスの家庭料理では定番の調理機器であり、毎日の暮らしに欠かせないものなのです。

スーパーに行くと、チルド食品や冷凍食品が充実しているのもイギリスならではの特徴の1つ。家に帰ってからオーブンを使うことを見越した食品が多く揃っていて、忙しい人や料理の苦手な人でも手間をかけずに温かい料理を楽しむことができます。家族で食卓を囲み、オーブンでほかほかに温めた料理を囲むのがイギリス流の食事なのです。

もちろん、食材を購入して一から料理をすることもあります。イギリスではファーマーズマーケットが各地で開催されていて、新鮮な野菜やフルーツ、肉や魚介類などが購入できます。その食材を育て収穫した本人が売りに出しているので、生産者の顔を見て買えるのがファーマーズマーケットならではの魅力です。

会場はとても賑わっていて、お客さん同士で旬の食材を使ったレシピの情報交換などをしている姿も見かけられます。色とりどりの新鮮な食材を手に入れれば、料理にも気合いが入るもの。とくに、ゲストを招くディナーではファーマーズマーケットで食材をゲットし、家に帰ってオーブンで料理することが多いようです。

イギリスの伝統料理をCheck!

オーブンキッチンでミートパイを焼く女性

イギリスには昔から親しまれている伝統的なオーブン料理がたくさんあります。
中でも有名なのが、魚とソース、マッシュポテトを重ねて焼き上げるフィッシュパイ。イギリスは日本と同じく島国なので、新鮮な魚介類がたくさんと(捕)れます。白身魚やサーモンなどがよく使われ、ゆで卵やグリンピースなども一緒に焼くのが主流です。

ゲストを招くディナーやちょっとしたお祝いのときには、ミートパイが振舞われることもあります。家庭によってレシピは少しずつ変わりますが、伝統的なミートパイはひき肉がベースになっているのが特徴。玉ねぎやにんじんなどの野菜も一緒に混ぜ、パイ生地に包んでこんがりと焼き色をつけます。

また、日曜日のイギリスではこの日にしか食べられないサンデー・ローストという料理が登場します。もともとは日曜日に各家庭で食べられていたのですが、最近ではパブやレストランなどでもサンデー・ローストが提供されていて、日曜日だけの限定メニューを楽しみにしている人も多いのだとか。牛肉や豚肉、鶏肉、羊肉のいずれかをオーブンで焼き、じゃがいもなどの付け合わせ野菜と一緒に食べるメニューです。

キャス キッドソンのキッチングッズでイギリス気分を味わおう!

キャスキッドソンのキッチングッズ

日本ではあまり馴染みのないイギリス料理。レストランのメニューでもあまり見かけないので、ご家庭で挑戦してみるのがおすすめです。
イギリスで長く愛されているキャス キッドソンのキッチングッズを使って、楽しくお料理をしましょう!

フリルエプロン クライミングブロッサム

  • 身に着けるだけで華やかな雰囲気になるフラワープリントのエプロン。水彩画のようなやさしいタッチで上品にデザインされています。
    サイドから裾にかけてあしらわれたフリルが女性らしさをアップ。お料理のときはもちろん、お菓子作りをするときにもぴったり。

ティータオル2枚セット パッチワーク

  • 料理中のお手拭きタオルとして、食器を拭くふきんとして、ランチョンマットの代わりとしてなどあらゆるシーンで活躍してくれるティータオルの2枚セット。
    流行りのパッチワーク風プリントでキッチンを鮮やかに彩ります。

チキン オーブンミット プレーン

  • ミトンをニワトリの顔に見立てたユニークなアイテム。愛らしい表情で使う人の笑顔を誘います。使わないときでもさりげなく飾っておくことで、キッチンのアクセントになること間違いなし。

ウェイングスケール クライミングブロッサム

  • どこか懐かしさを感じさせてくれるノスタルジックなスケール。深みのあるレッドカラーがポイントになって、キッチンを明るい雰囲気にしてくれます。デジタルスケールにはない温かみや親しみを感じられるアイテムです。

2個セット ストレージバスケット クライミングブロッサム

  • 袋に入った調味料や輪ゴムなど、細々とした小物類が多いキッチン。大小セットのバスケットがあればスッキリと見せることができます。キャス キッドソン発祥の地、イギリスではじゃがいもや玉ねぎなどの野菜入れとしても使われています。
    おしゃれな柄のバスケットがあればちょっと目隠ししたいものがあっても安心です。

ティープレート ヘンパーティ

  • オーブンから出した大皿をそのままテーブルに並べたり、鍋を直接食卓の上に置いたりすることが多いイギリス料理。
    食事の際には1人1人の取り皿が必須です。カラフルでポップな取り皿があれば食事のひとときがもっと楽しくなること間違いなし。

家庭でキッチンに立つ習慣が根付いているイギリスでは、使いやすくてキュートなキッチングッズがマスト。ロンドン発のキャス キッドソンには気分を高めてくれるアイテムがまだまだたくさんあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

ARCHIVE